FC2ブログ

雪見ちゅう・・・。

今日は東京近郊でも雪が降り続け、13年ぶりの大雪とのことです。
色々と作りたいお料理があっても、お買い物にも行けないですねぇ・・・。
普段こんな雪を見ることもないので、暖かい実験室の中からぼーっと見入ってしまいます。

こんな日は雪見酒といきたいところです(´∀`*)




20887700111.jpg

スポンサーサイト
[PR]

アナルじゃないほうを拡張ッ。

色々あった前回の記事の続きです♪

あの後、いつも使うアナル拡張用の玩具をアナルじゃない方に入れられました。
大きさとしては全然入る大きさです。
でも普通に圧迫感はあって、みぃーも興奮してたしお風呂場でたくさん虐められてたから感じちゃいました。
そしておまんこの中でも拡張。
シュコシュコって音がして・・・、だんだん圧迫感がキツク、キツク感じてきます。
この後、すごくびっくりしました。
奥が押し拡げられる感じ。
奥に、ではなく、奥のところがグッ、グッって拡げられる。
それってスゴい感覚なんです。
身体の奥が痺れて、頭の中が真っ白になりました。
でもたくさん空気を入れられると、ものすごくツラくなります。
そうなると空気を抜いてもらって・・・、ホッとします。
そしてまた空気を入れられて・・・、何だろう、この感じ・・・。
奥が拡げられるとまた頭のなかが真っ白になりました。
あのまま乳首弄られたらイッちゃってたかもしれません。
この日は何回か空気を入れてもらって、次は本来の目的、アナルの拡張です。
最近はアナルもだいぶ順応するのが早くなった気がします。
ティーにローションつけてもらって、アナルへ・・・。
入ることは入るけど、ゆっくり。
途中でローション足してもらって、ゆっくり入れてもらいました。
そして拡張。
空気が入る音がして、最初はそれほど感じないんですよね。
でも少しするといきなり拡がるんです。
最近はこの段階ですごく気持ち良くて・・・。
でも、いっぱい拡がると限界がやってきます。
「だめっ・・・もぅだめっ。」
「う~~~~っ」
それでティーが空気を抜いてくれます。
これを何回も繰り返して・・・、玩具を抜かれました。
そしていきなりおまんこにおちんちん入れられて、奥までガンガン入れてくるからちょっと痛くて、でも余計興奮しちゃいました。
おまんこに出し入れしてもらってるおちんちん、ちょっと行先変えると、そのままアナルへ入りました。
ほんと、おまんこと同じ感じで・・・。
もぅしっかり拡張されてました(´∀`*)
この時ってすごく嬉しいんです。
キモチイイし、嬉しい。
この日もみぃーはアナルでイッちゃいました。


この日に試したおまんこへの拡張器挿入。
あの感じをもう一度確かめたいなぁと・・・思っています^^


200775532134.jpg

水責め。

前々回からの続きです。

色々あった飲みの後、みぃーは先にシャワーを浴びることにしました。
ティーからも急かされ、ブーツを脱いでからすぐに服も脱いでシャワーへ・・・。

ふたりでラブホに行ってた時は広いお風呂に一緒に入ってましたが、実験室ではふたりで入ることってめったにありません。
なので急いで洗っていました。
するとめずらしくティーが入ってきてびっくり。
髪の毛洗い終わってトリートメントしている時だったので、「もう終わるよ」と言ったと思います。
ティーも何か言いながら入ってきたのですが、ちょっと記憶があやふやです。
なぜ、そんな展開になったのかよく覚えていないのですが、ティーにシャワーを奪われ、みぃーは顔にシャワーを当てられました。
最初はふざけていて、その1回で終わると思ってたんです。
でも
「我慢しろよ」
と言われ、髪の毛をつかまれて、鼻と口に思い切りシャワーをかけられました。
息が、できません。
一定の時間当てられ、さすがに少し間を置いて、また一定の時間当てられ続ける、ということが、何回も何回もずっと続きました。
息ができなくて苦しいので、少しの休憩時間に一生懸命息を整えます。
そして「行くぞ」と言われるときに息を吸って、耐えます。
シャワーを当てられてるときに、ティーがみぃーのおまんこに指を入れます。
クリを強く弄ります。
苦しいのに、おまんこは気持ち良くて気持ち良くて息に集中したらいいのか、おまんこに集中したらいいのか、ワケわからない状態になりました。
顔へ当てているシャワーをおまんこに当ててティーが掻き出すように洗い流してくれるけど、それでもどんどん中から出てくるのがわかりました。

「まだ出てくるぞ。」
「流しても流しでも出てくるぞ、変態。」

おまんこを流すとまた顔へシャワーを当てます。
また息ができない状態になりますが、その間もおまんこはティーの指で虐められていました。
気持ちいいけど苦しくて苦しくて、もう終わりにしてくれるんじゃないか、って何度も思いましたが、そんな気配はなく、多少コツを飲みこむまでになりました。
でも、頭がクラクラしてきて、ノボせてるのか、何なのか、貧血みたいに気持ち悪くもなってきました。
それでティーが止めるよりも前にシャワーをみぃーが止めてしまいました。
本当にヤバいと思ったから・・・。
ティーとしてはみぃーが勝手に止めることはNGなわけで、「なんで自分で止めたんだ」って怒られてしまいました。
でもその後、ティーがみぃーのびしょびしょの髪の毛をと身体を拭いてくれました。
みぃーはふらふらなので、されるがままでした。
優しく全身吹かれて、子どもの頃お風呂の後父親に拭いてもらったことを思い出しました。

お風呂から出て、ティーが「よく頑張ったな」って褒めてくれました。
みぃーは本当にふらふらで何が何だかわからない、ぼーっとした状態でした。
そんな状態の時に
「今日はいつも絶対しないこと、してやるからな。」
と言われました。
「え?なんだろう」と思っていると、ティーにクリを舐められました。

そう、ティーは「舐めない派」なんですね(^_^;)
それでも今までに2度程ありました。
まだラブホに行ってる時ですけどね。
ティーは覚えていないみたいなので、かなり酔ってたのかもしれないですけど、お願いしても「俺は舐めないんだ」って絶対舐めてくれない人です。
だからものすごく驚いて、どう受け止めたらいいのか一瞬とまどったほど(笑)
そのまま素直に感じていたいけど、もう二度とないかもしれないと思うと、どんな感じだったのか鮮明に覚えていたい、と思って、緊張してしまいました!

「お前は奴隷なんだから、何でも言うこと聞けよ?」
いつもティーに言われる言葉です。

舐めてもらいながら、この言葉が頭の中で響いてました。

「みぃーはいい奴隷だな。いい奴隷に出会えて、ほんとに良かったよ。」
とティーが言ってくれました。
みぃーはまだまだ、いい奴隷ではなくて、もっと色々勉強して精進して、ティーに喜んでもらいたいと思っています。
また「いい奴隷だな」って言ってもらえるように。
この後のこともまた時間を見つけて書きたいと思います♪




舐める、舐めないの話・・・・・。
男の人って、舐めるのが大好きな人と、絶対舐めない人がいますよね。
舐めない人って、匂いがイヤとか味がイヤとかそんな理由なんでしょうか・・・?
みぃーの数少ない経験(?)からだと両極端な気がします^^
でも、舐めない人でも舐めてもらうのは大好きなんですよね(笑)







プロフィール

みいー@乱乱実験室

Author:みいー@乱乱実験室
都内に勤めるみぃーです。
ドSなティーの舐め犬であり、玩具であり、奴隷であるため日々頑張っています!
趣味はお酒とお料理で、日々自由にユルく過ごしております♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

愛奴への道 Ⅱ

いけない遊び~妻み食い~

調教日記